ハラダイスのメンバー紹介!

プレライブが近い。
ブログに上げてきた今回のメインバンドの四人の紹介を一気に公開!長いけどぜひ!(笑)。

まずはギタリスト日置ナオヤ。

スーパーゼリーという3人組のバンドのギタリストとして出会った。去年ハラダイスに出演してくれたクミちゃんがボーカルのカッコいいバンド。亡くなった岡部さんがカホンだった。僕を入れて4人で年に2回のツアーを何年もしている。ツアーは毎回、岡部祭。4人で演奏する曲もだんだん増えて、ついにレコーディングをするまでに。
「確かで素敵なそれだけ」というミニアルバムを完成させたところで、…岡部さんが逝ってしまった。
ツアーの時、アンサンブルの打ち合わせなんかをすると日置くんが「エレキやともっと自由なんです」と度々言っていたのだが、スーパーゼリーはいつもアコギだったので、僕は日置くんのエレキを知らなかった。

僕にとってはプロデューサーだった岡部さんが居なくなって、去年のハラダイスのアルバム制作はかなり厳しい状況になった。
ベースのありちゃんやクミちゃんに相談して、日置くんをギターで、それもアコギとエレキの両方で迎えることにした。

びびったね。レコーディング始まって、東京のスタジオで、「めっちゃいいやん、めっちゃ自由やん!!日置くん!!!」と絶叫。たまらんね。
程よく同時代で、僕にとっていい距離でロック。
今回のアルバムでより一層、彼の凄さが見えた。
岡部さんが卒業記念にプレゼントしてくれたみたいなギタリスト。ソロもバッキングもにくいね。アルバム何回聴いてもにくい。

というわけで、大絶賛。お酒の席が用意されるまでめっちゃ寡黙なくせにギターは饒舌です。ライブもね、グイッと行くとき行きます。
男性ファン急増。女性ファン急募です(笑)。

続いて、リズム担当ののもちゃん、「野本暁」を紹介。

もともとベースのありちゃんとハラダイスでもギターを担当してくれているノッポこと浅野浩太が一緒にやっていた「ジャッカル」のドラマーとして知り合った。
バネのある、反射神経が良さそうなこぎみいいドラムを叩くなあと思っていて、好印象(笑)だったのを思い出す。

ハラダイスで岡部さんが劇団新感線の仕事かなんかで、「原田、その日あかんわ」となったことがあって、ベースのありちゃんとかなり悩んで、「のもちゃんに頼んでみよう!」となった年があった。そこで初お手合わせ。
曲の理解もはやいし、思い切りもいい。バンバンついてくるからめちゃ気持ちいい。手数多くて華やかなパーカッションを叩いてくれて、あっという間に違和感なくハラダイスの本番になったのを思い出す。
ちなみに岡部さんは「今日、公演の休みの日やったわ」と客席に来てた。なんでやねん(笑)。

その年以降、また岡部さんがプロデューサーでドラムとカホンをやってくれていたので、のもちゃんとは一緒にやっていなかった。
岡部さんが亡くなって、ありちゃんと迷うことなく再びのもちゃんにお願いすることに決めたのだった。こぎみよく快諾(笑)。

「パーカッションの方がボーカルとの距離が近くて自由が効くんですよね。ドラムって囲まれちゃって孤立するんすよね」とか言う。
いい意味でちょっとフロントマンやねんな。色々派手だしね。
でも、今回のアルバムではドラムをたくさん叩いてもらった。
いいよー。10月のハラダイスは円山公園の音の制限もあってドラムは使えないんだけど、プレイベントはライブハウスなので、ドラム曲もありで行く予定。めちゃカッコいいです。乞うご期待。

ドラムに囲まれていつもより重心を落とした(まあ、見た目は孤立してちょっと寂しそうな?)のもちゃんもぜひ聴いて欲しい。
もちろんフロントでカホンの時間もありです。
恐らくどっちもにやけたいたずらな顔でやってくれると思います。

3人目は今年からバンドメンバーとなった恩田貴則氏。

とは言え、かれこれ2年半ほど物凄い数のレコーディングを一緒にして来た恩田くん。そうなのである、恩田くんはハラダイス当日に配られるパンフレットに同封されているサウンドロゴCDのアレンジの半分をここ2年、担ってくれているのだ。
生バンド風のアレンジを担うD-studioチームの小松侑平(g)、菊井雅志(b)、藤井浩史(key)とは違う、打ち込み系やピアノ弾き語り系、ストリングス系のサウドロゴの担当。すごいスピードでアレンジを仕上げてくれるので、サウンドロゴの仕事もいくつかハラダイス以外で手伝ってもらっている。
恩田くんが凄いのは、欲しい音色やアレンジを僕の少しの情報でバッチリ形にしてくれること。ほとんど「なんで今の要求でこんなバッチリなんあがってくる?」というディレクションサイドにとって最高にありがたい驚きが度々起こる。
彼の引き出しの多さがその理由とは思うけど、やっぱり同年代と言うのが大きいかもな。
ずっと鍵盤を担ってくれていた村田にも相談して、今回思い切ってハラダイスのバンドメンバーをお願いした。快諾!ありがたし。

で、実際にレコーディングに入ると、流石に素晴らしい。どんどん曲が良くなる。
他のメンバーとは初手合わせだったのだけれど、「さすがにいいところに音入れて来ますね」と相性もいい感じ。
いよいよプレライブで生演奏でのお披露目となる。

今年の新しい風だ。

僕も、ほとんどセッションで即興でのライブを一緒にやったことがあるくらいで、レコーディングばかり一緒にしていたのでまだまだ恩田くんのライブプレーは未知。めっちゃ楽しみ。
確実にいいもんになるけどね。

大トリ。満を持して「有田さとこ」ありちゃんである。

京都町内会バンドのベース&ボーカルでもあるので、20年以上、僕の曲のベースを担当してくれていることになる。

もともとバイオリンを弾いていたありちゃんは、ファンクが好きだったりする。急にロックな感じの時もあるし、ものすごくメロディアスだったり、その表情は豊かで、実はちょっと変わったベーシストだ。
とにかくミュージシャンからの評価が高い。だいたい僕の曲もありちゃんがベースを入れると3倍増しくらいで評価が上がる(笑)。手放せませんな。
ベースと共に驚嘆するのはコーラス。僕の楽曲にとってはサザンオールスターズの原坊のポジション。ありちゃんのコーラスで曲は5倍増しの評価を受ける(笑)。うん、手放せない。
当たり前のことだけど、決して手を抜かないのも凄い。フラフラと僕の音楽のコンセプトがブレるときも辛抱強く付き合ってくれる。ベースもそうだけど、中心を見逃さずにかなり広めに大きく理解する力に長けている。
もうええな。褒めすぎやな(笑)。ありがたいよ。ありがとう。

今回のレコーディングも東京での録音はほぼエンジニアのうっちぃと3人で、ディレクションも共同作業で行った。
たくさん助けてもらったし、いいベースといいコーラスを盛大に頂いた。
いいよー、今回のありちゃんも。

と言うわけで!!プレライブにハラダイスTシャツでお越しください!!

日時:2018年7月26日(木)、27日(金)、28日(土)
各日 18:30open/19:30start
場所:モダンタイムス
〒604-8001京都市中京区木屋町三条上がるエンパイヤビルB1

出演:原田博行、有田さとこ、日置ナオヤ、恩田貴則、野本暁
※26日ゲスト:バイオリン(杉江洋子)とビオラ(金本洋子)

※27日ゲスト:キョートンとファンファン

※28日ゲスト:浅野浩太(エレキギター)

料金:
【一般】
前売2500円/当日2800円
二日券…4500円
三日券…6000円
(各日1ドリンク別途要)
【学生】
前売1500円/当日1800円
二日券…2500円
三日券…3000円
(各日1ドリンク別途要)
ご予約:https://ssl.form-mailer.jp/fms/6f7d3a82574438
にて予約してください!

 

4-BITというバンド

23歳が過ぎて、一番メジャレーベルとの契約がチラついていた時期、大学も卒業して「ミュージシャンになるのだ」とフリーターになった僕は、京都でバンド活動に明け暮れていた。

と言っても今から思うと、全然大したことはないのだが(笑)。

でも自分なりには必死だったんだと思う。

Black obje.というバンドで「売れるんだ!!」と頑張っていたけれど、なんだか色々あって解散することになった。

その時期に、四人のメンバーで結成したのが4-BITだった。

活動期間は1年もない、24歳の頃のバンドだ。

Japan clubというサックスがセンターにいるロック、フュージョン、ジャズ?を勢いよくやっているバンドがあって、そのドラムが小村、ギターが北沢だった。ちなみにそのバンドのキーボードは今も京都町内会バンドで一緒にやっている村田聡。

あの頃、京都のアマチュアシーンはなかなか元気で、RAGというライブハウスに今のネガポジのオーナーの山崎さんが店長でいて、

随分とけしかけられた僕らは、しのぎを削る気分でバンドにそれぞれのめり込んでいた。

ヌボ というバンドがえらい人気で、「あーもう売れちゃうんじゃないかな」という感じになっていて。

そのヌボのベースが玄ちゃんだった。

小村と北沢と玄ちゃんと僕。この四人でやってみよう。

オリジナルソングをバンバン書いて、僕らはライブをスタートさせた。

僕にとっては最後に組んだロックバンド、「ソロになる」という決断をさせてくれたバンドだ。

東京でディレクターになりディレクションに明け暮れて、ギターは全然弾いていなかった北沢。関西を中心にずっとプロの世界でドラムを叩き続けている小村。そして、最近バンバンベースを弾いてる「第二のベース人生スタートしたかも」と語る玄ちゃん。

みんなそれぞれに音楽と関わりながら、四半世紀が過ぎ、北沢が京都に帰ってきて、久しぶりに四人が京都にいる状態になった。

案の定、山崎さんにもけしかけられて、ネガポジで一度ライブをやってみることにした。

やり出したら、新曲も出るわね。昔の曲もおもろいわね。で、ええ感じに脱力、ええ感じに下手くそ、ええ感じに真面目なサウンドが見え隠れしている。さあ、どこまで行けますか。

ここのところ僕を支え引き上げてくれているハラダイスのメンバー日置くんをゲストに迎え、僕と日置くんで最新の僕の音も紹介。

そして4-BIT+日置のシーンもありつつのワンマンライブを予定しています。ぜひ遊びにきてください!!

詳細

原田博行ワンマン
一夜限り?!「4-BIT」復活ライブ!!
~Just the way we are.~

日時:2018年7月6日(金)OPEN 18:30 START 19:30
場所:西院ネガポジ
京都市右京区西院東今田町40アシダビル1F 営業時間(18:00~25:00)
Tel 075-555-5205
Mail info@negaposi.net

出演:Vo&G原田博行、G&Key北澤季明、B山本玄、Dr小村和彦
ゲストG日置ナオヤ
チケット:前売2000円/当日2300円 (1ドリンク別途要)
前売チケットのご予約はネガポジにメールもしくは電話で代表者氏名と人数をご連絡ください。
( Mail info@negaposi.net / Tel 075-555-5205)

いいアルバムと懐かしいTシャツでプレライブ!

6月が終わり、いよいよ夏本番という空気。
例年ならここからアルバムもつくり、応援していただく皆さんのところにお願いに回るのだが、今年は少し違う。
プレライブを計画したのだ!しかもアルバムはここで発売。今年の中心を担う曲たちを夏の間に聞いてもらった、10月20日の円山に遊びに来て欲しい!
いいアルバムが完成しそう!
あと1ヶ月、ライブに向けてメンバーと作戦練ります!天気も音量も気にせず、音楽に集中して皆さんに世界を届けられる、野外のハラダイスライブとはまた違うIndoor 3days!
チラシも完成!!心からお待ちしています!

ご予約簡単、こちらから!!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6f7d3a82574438

ハラダイスTシャツ着てくるといいことあるライブ!!

 

ここ8年のハラダイスでハラダイスTシャツを買って下さったみなさん!朗報です!

7月26、27、28日のハラダイスプレライブ3デイズにハラダイスTシャツでお越しいただくと、ちょっといいこと用意します!

ハラダイスT寝巻きから脱出企画。ぜひ楽しんでほしい。着こなし見せて下さい(笑)。

ライブ詳細

日時:2018年7月26日(木)、27日(金)、28日(土)

各日 18:30open/19:30start
場所:モダンタイムス

   〒604-8001京都市中京区木屋町三条上がるエンパイヤビルB1

 

出演:原田博行、有田さとこ、日置ナオヤ、恩田貴則、野本暁

(各回、日替わりゲストあり!後日発表!!)

 

料金:
【一般】
前売2500円/当日2800円
二日券…4500円
三日券…6000円
(各日1ドリンク別途要)

【学生】
前売1500円/当日1800円
二日券…2500円
三日券…3000円
(各日1ドリンク別途要)

 

ご予約:https://ssl.form-mailer.jp/fms/6f7d3a82574438

にて予約してください!

サウンドロゴクリエーターの仕事

学校が始まったのと並行して、サウンドロゴの仕事がバタバタと舞い込む。
コマーシャルの曲やyoutubeのサウンドロゴ。
ハラダイスの録音チームの優秀なこと。

ラップぽいものや、エグザイルみたいなサウンドまで。
助かるな。
でも、最初はアコギで作り出される。

「ちょっと昭和なテイスト」って、実は僕のカラーかもな(笑)。
財産のギター。最近またいい音です!

サウンドロゴのページもこのオフィシャルにカテゴリーで追加しました!!ぜひご覧ください!

2018年ハラダイス日程決定!

日程が決まった。そして、50祭で発表した。この一年も頑張ろうと思っている。ぜひ助けてね。

2018年10月20日(土)に円山公園音楽堂にて!
今年もハラダイスをやります!!

そして、7月26日(木)27日(金)28日(土)の三日間、
レコ発ハラダイスプレイベントをモダンタイムスで決行決定!

ちゃんと聴いてもらって、そしてハラダイスに遊びに来てもらうと言う流れを作ってみたいと思います。

参加メンバーも色々と決まって来ている。
どんどん紹介して行くつもり。よろしくお願いします!!

ま、このメンバーは決定だわな。

ハラダイスライブに向けて大切な50祭!

今年の秋に9回目となるハラダイスライブを行う。
その中心メンバーと明日モダンタイムスでライブだ。
7月の末にアルバムを発売して、そのアルバムをしっかり聞いてもらえるライブをして、それから、円山での野外ライブを楽しんでもらいたい。

そんなことをいろいろ考えている。
今年は今までとは違う流れで10月を迎えたいと思っているのだ。
明日のライブはそのプレイベント的なライブでもある。

たくさんの人に来て欲しいなあ。
ま、恥ずかしいことに、自分の誕生日なんだけどね。

素敵な50代のスタートになりますように。

まだお席あります!

 

50祭で2018ハラダイスの日程も発表できそう!!

まだまだ寒い日が続いていますが、僕はといえば、2018年の1年間のライブスケジュールを全面的に決めつつあり、もはや「今年も終わりか〜」みたいな気分にも(笑)。

しかし、本当は、まだまだいろいろあるよね。
来年の学生たちの顔だってまだ知らないし、ライブもいろいろ決まるだろうし。

そんな中、50歳の誕生日に行うモダンタイムスを前に、一年の中心にいつも置いている「ハラダイスライブ」の日程が、ほぼほぼ決まりまして。
2月22日には発表をと考えています!

頑張ります!!まずは、22日にモダンタイムスで会いましょう!!

今年もやろうハラダイス!

40代の音楽人生を描いたときに決断した「ハラダイスライブ」。
2017年で8回を数えた。
そして、僕は今度の2月で50歳に。

自分の音楽を伝えるつもりが、ハラダイスというキーワードでやんわりと繋がる不思議なコミュニティーを生み出すことになった。

サウンドロゴと新しいアルバム。その2本の音楽の柱でハラダイスライブは成り立っている。自分の音楽を伝えるのではなく、自分の音楽で沢山の人達と繋がった8年だった。

繋がる喜びを大切にしながら、伝える力をもっとつけてみたい。そんな贅沢な思惑を胸に、今年もハラダイスライブを画策しようと思う。

応援して頂いている皆様に喜んでもらえるハラダイスをまだまだ探して行こうと思います。

あけましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願いします!


photo by Koji Udo

日記を始めるのだ!

ハラダイスは秋におおきなライブがあるけれど、
意外と一年中、そのことの準備をしてたりする。

ハラダイスな日常を書き記す日記。

スタートします!