14回目のMoonlight Club

最高に幸せな3日間が過ぎて行った。
「は・ひ・ふのか」で14回目となる舞台「Moonlight club 」。
この14回で本当に沢山のことを学び、表現のものすごく根本的なところを考える機会をもらっていると思う。
「役者」としての未熟さを自分の経験値でおぎなったりしながらスタートした舞台。ミュージシャンとしての説得力なんかを全部一旦置いておいて、台詞と演じることに集中することは、とても大きな経験だった。最後に一曲だけその回のテーマソングを歌うシーンが用意されて、それ以外の60分はただ役者としてステージに立つ。
話すことや聞くことという普段得意としている瞬発力と演技はまた違っていて、本当に覚えた台詞を今まさにそう感じて話しているように再現する、あるいは、決まっているのに決まっていない状態でその言葉を選んでいくという、物凄く面倒なことをお芝居では要求されるのだと思う。
演技の面白さと難しさにどんどん出会う5年間だった。
とは言え、僕は最後のところでミュージシャンでもある訳で、その活動が音楽に全く繋がっていなかったらお芝居を続けられなかったかもしれない。
毎回、1時間の物語を後ろ盾とするテーマソングを書かせて貰えたことは、本当に財産だ。
気がつけば4枚のサントラ盤が完成していて、どのアルバムも自信を持って聴いてほしいものになっている。
原田博行という表現者は確実にこのユニットに参加することで豊かになり、育ててもらっていると思う。
このプロジェクトが続いていて、最高に幸せなのは、それを愛してくれるお客さんがいてくださること、そして、関わっている全員が真剣に表現を追いかけてきたからだと思う。
今回も本当に沢山のご来場ありがとうございました。また、夏に会いましょう!!

 

感謝、そしてお詫び

元号が変わる頃、古い友人から、僕のSNS上に今の僕に対する書き込みがあった。彼のその書き込みを巡って、まあまあなプチ炎上が僕の周辺のそこここで起こった。その書き込みは、一方的で断定的で少し乱暴な書き込みだった。

結果、僕のところにも個人的なメッセージがいくつも届き、彼の書き込みのコメント欄にも僕に対するいくつかのエールが書き込まれた。本当に幸せ者だと、自分の事を思う。多くの人に応援され、思い出してもらい、愛されている。

古い友人もまた友情から、僕へのアドバイスを送ってきたのだろう。ただ、友人なのだから、SNS上ではなく、直接メッセージを送ってくれればよかったのにとは思うのだが。まあ、残念に思われている事を残念に思う。

「友達だから、自分のことは棚上げし、無責任でも気づいたことを伝えたい」。そんなことはしょっ中ある。でもそれはプラベートな空間で許される行為だ。自分不在で他者に意見することの怖さを感じた。誰として、誰のために、どこで意見をするかは、きっと重要だ。

投稿を放置した結果、今の僕の表現活動に関わったり、それを大切にしてくれている人たちが、不愉快になり、気分が悪くなってしまうことになってしまった。本当に申し訳ない。

彼のアドバイスに気付きや自戒の念は湧いても、迷いは起こらなかった。それは、誰よりも僕が原田博行と向き合って生きているからであり、僕が原田博行を諦めていないからだ。だって本人だもの(笑)。原田博行と24時間一緒にいるのは僕であり、もがきながら前に進む。前がどこかも疑いながら、でも諦めずに原田博行を続けていく。

それぞれが、本来、自分とそうやって歩んで行くのだと思う。

そう、自分と歩んで行くのだ。

だから「原田と関わる自分」のことなら、僕以上に考えてくれている人も大勢いて、仕事のパートナーになったりする。そんな連中は、瞬間的に僕以上に僕のことを分かってくれているタイミングもあり、的確なアドバイスをもらうことも多い。有難い。そして、その愛すべき人たちのことを僕の方がちゃんと考えていなくて傷つける事も多々ある。横着でデリカシーなしで、いつもすいません(笑)。

自分と歩むことを諦めない者たちとの仕事は最高に楽しい。その連続の中に僕は生きてきた。本当に幸せなことだ。

「大切なのはその日1日を目一杯楽しく過ごすこと」。先日もらったお芝居での僕の役柄が発する言葉だ。でも、それは、本当はストイックな世界だ。怠惰による楽しさには限界があり、虚しさに勝てないからだ。楽しいのはサボっていないからだ。

こんな事を書くと「俺、頑張っています!」と書いているようでカッコ悪いなあ(笑)。

でも、やっぱり頑張って、今の僕が出来る最高のアルバム、最高のハラダイス、最高の表現活動に邁進します。

未来に起こることにワクワクしながら続けます!

感謝とお詫びをかねて。

新年度だ!

4月になった。というか、もう4日も経ったのか。
先週の土曜日に、ラジオの公開録音があって、2日の日に太秦映画村で楽曲を提供したアイドルのお披露目があって、バタバタと新年度が始まってしまった。

随分と2月から忙しくライブも遠方が多かったので、すっかり忘れていたけど、来週から授業が始まるらしい。
そうなのだ、高校の教師の仕事もしていたのだ!(笑)。
ちょっと気を引き締めてリハビリに努めないと、教室で変な感じになるな。
毎年、4月は全く知らない学生たちと初対面で、一年の関係の出だしなので、緊張する。そろそろ気分をそちらにも持っていかないとね。

とは言え、表現活動もなかなか忙しい。
おかげさまでラジオは4月から1時間番組になって土曜の5時からに。
https://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/500/
そして、今月の終わりにはお芝居の舞台が。
https://www.facebook.com/events/426768424805466/?notif_t=plan_user_associated&notif_id=1554353655191624
5月には京都町内会バンドのライブが。
https://www.obu.to/2019/02/16/2019-05-18-_sat-
https://www.obu.to/2019/02/16/2019-05-19-_sun-

ハラダイスのためのアルバムのレコーディングも近い。

うん、なんという幸せ。

金曜日に毎週発行するメールマガジンも地味に続いている。こちらは、ちょっと登録が面倒かもしれないけれど、ぜひぜひ登録してほしい。最新の情報をお届けできます。

さあ、サボらず楽しんで、焦らず急いで、今年度も頑張りますか!!
今日は、これから魔法にかかったロバで「ぼんやりハラダイス」。カウンターでぼんやりします。19時から22時です。

今日の写真は懐かしいこの一枚で(笑)。

ありがとうジェームス!

ジューマペールジェームス

6年間一緒にラジオをやったワンチャン、ジェームスくんの訃報が届いた。
昨日、会いにいってきた。明日が告別式。
たくさんの時間を一緒に過ごし、たくさんの人たちとの出会いを作ってくれたジェームス。本当にありがとう!

ジェームスと出会って、生まれたジェームスの曲
「ジュマペール・ジェームス」

ジューマペールジェームス

そして、ハラダイスラジオを続けていく中で、もう一曲生まれた。
「ジェームス・モナムール」

ジェームスモナムール

いい顔してるね。
明日の告別式で、歌うことになりそう。一生懸命歌うね。

ありがとう!ジェームス!!
ゆっくり休んで、また向こうで走り回って「幸せを届けて」ください!

 

いよいよツアーファイナルは京都!

大阪、名古屋、東京、そして京都へ。

かなりいい感じでサウンドし始めたこのメンバー。京都のライブがいよいよ楽しみになってきた。スーパーゼリーのクミちゃんと日置くんにパーカッションのあゆちゃんが加わって、その日にしかない演奏が、ガンガン白熱するステージ。

僕は、一人きりのフォークも出しつつの、日置くんとあゆちゃんにも参加してもらって、いい感じのアコースティックフォークロック感が出てきている感じ。

さあ、この四人で回るツアーも最終日。2月10日、モダンタイムスで待ってます!

詳細はこちら。

「火宅の油男」無事終了!!

去る1月19日、ネガポジにて「火宅の油男」なるイベントが行われた。
RAG、烏丸丸太町のネガポジを経て、西院の地にその場所をかまえるネガポジへと、その大将として、僕らミュージシャンにステージの場所を提供し続けてくれたのが山崎ゴロー氏である。
僕らがまだオリジナルソングを書き始めた頃、RAGというライブハウスもまた、そんな若手のアマチュアたちを受け入れる事を始めた。サークルを飛び出したい連中や、プロを目指したい連中が、山崎さんが仕掛けた罠とも言えるブッキングに引っかかり、育ててもらったり、壊されたりした。

30年。その間に山崎さん自身も歌う事を始めて、ハコのおやじでありつつもシンガーソングライターだったりする現在、「山崎ゴロー ハコのおやじ30周年企画」と題してイベントをすることになった。

正確には、「原田、なんかやろうぜ」と、無責任な電話がかかってきた。
断る理由もないし、断れないし、面白くなる気もするし。

僕が声をかけたので、30年の一部、偏った出演者にはなったけど、確かにあったいくつかの時代を再現したり振り返ったり、その先で何が起こったか、起こっているかを垣間見れる4時間のステージだったと思う。

僕は総合司会と、自分のソロ、そして、ほとんど半年しか活動しなかった4-BITというバンド(でも去年、活動再開のゆっくりやってるバンド)で出演。そして、もう一曲、山崎さんと久しぶりに曲を書き、歌わせてもらった。もちろん、タイトルチューン曲、タイトルは「火宅の油男」である。

山崎さんに曲を贈った「かとうたかお」、ちゃんとロックでわがままだった「フテハリ 」、あの頃の大学サークル出身のバンドとしてその雰囲気を再現させていた「ヌボ 」、ミュージシャンのこだわりと不器用さを過不足なく表現した「ヒノヒデキ」、サプライズで山崎さんのステージに緊張感をバッチリ構築してくれた「クミ」そして、山崎さんの「ピエモンテルノ」と「トリックモンド」。

30年前、こんなライブをすることになるとは思わなかったし、こんなに言いたいことがあって、新しい音楽が生まれ続けるとも思わなかった。50歳を過ぎてもこんなにどこか変わらないまま再会できると思わなかった。
きっと、本当は随分変わったんだけど、そして、それはすごく大切な変化だけど、根っこの話は同じだった。あの頃、根をはりはじめた山崎さんの根っこがそのまま頑固に張り巡らされて、ぶつかっても倒れない感じ、「ピエモンテルノ」にも「トリックモンド」そんな匂いがプンプンしていた。みんな賢くなったから、必要な時以外はぶつからなくなってたけど(笑)。

出演者の皆さん、お疲れ様、ありがとう。
また、なんか楽しい事をやろう!

最後になったけど、「火宅の油男」は大成功だった。なぜって、満席だったから。そう、来てくださった皆さん本当にありがとうございました。僕らの音楽を聞いてくれる人たちがいる事、その事を本当にありがたく思います。これからもよろしくお願いします。

2019年が始まった!

皆さま、あけましておめでとうございます!

昨年は50代最初の一年。色々と大きな変化のあった年でした。
ハラダイスライブを中心に進む音楽活動も9回目を迎え、色々と充実。
本当に素敵なメンバーがバンド的に集まる形で7月に先行発売したアルバム「ハンカチは振らない」もかなり満足度の高いアルバムになり、僕にとっては、岡部さんが亡くなって、苦しみの中で出した前作「LOVES YOU」との連作として、意味のある取り組みとなりました。

昨年のハラダイスライブは、なんといっても晴れてくれて、気持ちのいいものに。今年は第10回ということで、大いに張り切って、日程も決めました!!

10回目のハラダイスライブは!
2019年10月19日(土)円山公園音楽堂にて!!

さあ、頑張って準備を進めていきます。
また、迷惑を撒き散らすことになりますが、どうか、どうか、ご協力を!無理のないところで少し無理をして、助けてもらえれば幸いです。

そして、昨年の大きな出来事は、KBSラジオにて新しい番組がスタートしたこと。「サウンド版ハンケイ500m」という番組です。30分番組、土曜日の朝、7時半からですが、radikoというアプリでは、1週間いつでも聴ける、ということで、実際にアプリを使うと新しいラジオの可能性を感じたりしました。radikoプレミアムは有料ではあるけれど、全国で全く問題なく聴ける事も実感して、ラジオの前で放送時間を忘れないように聴いていた少年時代とは随分変わったなあと思ったりします。
ぜひ、聴いてほしい番組です。スポンサーにも恵まれて、勢いのある番組に育ってきています。今年も、色々番組をきっかけにイベントなど仕掛けていけたら嬉しいです。一緒にやっている編集長の円城さんが、なかなかのやり手で、勉強になります。置いて行かれないように頑張ります!!

新聞の「ハラダイス相談室」も勉強になったコンテンツ。相談にのる難しさ、ネットの怖さも感じながら、一生懸命やっています。今年も頑張ります!ぜひ質問を送ってください(笑)。

お芝居も、去年は3回公演。同じメンバーの同じシチュエーションで、13回目まできました。少し違う表現方法を鍛えてもらう事で、音楽にも大きな影響があります。「は・ひ・ふのか」おそるべしです。

やりたいことがいっぱいある事を幸せに思います。学校の先生の仕事も、意味のある仕事として大切にしています。学生たちの一生懸命さは、いつも僕にエネルギーをくれます。負けないように頑張ります。

京都町内会バンドも22年目。シエスタとのコンテンツ制作も続いていることの一つです。ありがたい事です。一つ一つを丁寧に頑張りたいと思います。

出来る限り出席している京都みぎわキリスト教会の礼拝も心のリセットを促してくれる大切な時間。長く続けた教会の責任役員を一旦、この2月で終了させてもらえることになり、少しホッとしています。

この他にもたくさんある、みなさんのおかげで過ごせる豊かな日々を今年も大切にしていきます。感情の劣化が嘆かれる時代、少しでも時代に意味のある表現や活動ができればいいなと思っています。

今年もよろしくお願いします!!

メリークリスマス!!そして良いお年を!

あっという間にクリスマス。
先日、無事にお芝居が終わり、昨日はライブ。
そして、今日はラジオの収録。幸せな毎日だ。

随分とご無沙汰してしまった。
いい一年だったなと心から思う。
ハラダイスも本当に幸せなうちに終了し、ラジオも始まり、新聞の連載も順調に進んでいる。来年も、この流れの中で、頑張ろうと思う。

来年は、もう少しマメにブログも書きます!

今月は何と言ってもお芝居だったので、この一枚を(笑)。

みなさん、本当に色々この一年もありがとう!来年もよろしくお願いします!!

ハンケイ500mにハラダイスライブの記事掲載頂きました!!

12)2部「終わりたくないな」

一緒にラジオをやらせて貰っているフリーマガジン「ハンケイ500m」の編集長の円城さんが、バッチリ書いてくださった。
すごいかっこよく記事にしてくれていて、本当に感謝。

ハラダイスライブがスポンサーの皆さんに支えられていること、その関係を支えているのがサウンドロゴだと言うこと。こうやって文章で読むと、自分のことなのに発見があったりする。

ハラダイスライブ10周年も頑張ろう!と思ったなあ。

ユニオン・エーさん、円城さん、ありがとう!

現在、京都市の地下鉄各駅で手に入るフリーマガジン「ハンケイ500m vol.046」の27ページに掲載されています!!
ちなみに今回はバス停「河原町丸太町」から半径500mで見つけた素敵な出会いを特集しています。

ラジオ番組「サウンド版ハンケイ500m」のホームページはこちら。アーカイブでバックナンバー(今朝の一曲は著作権の関係でカットされてますが)も聴けます!
毎週土曜日の朝7時半から!!KBS京都です!

東京でソロのライブ

ハラダイスライブが終わって、ほぼ一ヶ月。色々頭で思い巡らすこれからとは別に、シンプルに体に入った曲たちを演奏して実感する自分の変化や思いが、いっぱい発見できたライブだった。

大岡山は、決行ステキな下町で。ありちゃんと散歩をしてラーメンを食べて、対バンの演奏に耳を傾けて、ゆっくりと本番へ。

いい感じでお客さんも集まって下さって、喋りまくりながら演奏は進んだ。

最新のアルバムからも懐かしいアルバムからも曲を引っ張って来て、ありちゃんとと二人でやれるいい形のライブになったと思う。

ハンカチは振らない、How have you been?、No rain no rainbow 、尻尾と前髪、流星、穏やかな日々、Waiting for a chance 、いつかの怪獣と今日の君、寂しいです、トンネルの向こう側

アンコールは、Montage sequence

やってよかったなあ。なんだか幸せな夜だった。また、行きます。来て下さった皆さんありがとう!Good stock Tokyoの皆さん、主催の高橋さん、ありちゃん、ありがとう!

10月からラジオが始まる!

10月からラジオ番組にレギュラーで出演することになった。KBS京都の新しい番組だ。
「サウンド版ハンケイ500m」と言う番組。

京都で人気の「ハンケイ500m」と言うフリーマガジンから飛び出したラジオ番組なのだが、僕はサウンドロゴクリエーターとして参加することになった。相方のパーソナリティーは「ハンケイ500m」の編集長円城新子さん。彼女の取材のこぼれ話とかが情熱的でおもろい。僕もがっつり喋るのだ。そして、番組内の音楽も、途中のCMも僕の曲。なかなかいい主題歌できたよー。乞うご期待。

土曜の朝7時半、KBS京都で!!

KBS京都、最近はFMでも聴けるとのこと。僕の車は古くて94.9まで行かなかったけど(笑)。最近のラジオなら大丈夫とのこと。でもAMでならもちろん聞けました!!

ハラダイスを控える10月、幸先いいね。ありがたい話である。頑張るぞ!
皆さん、ぜひぜひ、聴いてください!

 

ハラダイスプレライブ無事終了!!

なんて幸せな日々。
最高のメンバーと3日間、音楽に集中しまくった。

新しいアルバム「ハンカチは振らない」も無事に発売!
※ジャケット発表!!なんか笑けるよねこれ。

今年のハラダイスTシャツをアンコールで着て!
※最終日の最後にみんなで。ゲストの浅野氏とバンドメンバー!

毎晩、あたたかいお客さんとモダンタイムスとスタッフのパーフェクトなバックアップに支えられて、大成功でプレライブが過ぎて行った。

初日

ゲストはバイオリンの杉江さんとビオラの金本さんのダブル洋子。すごかった!ジュビ子さんのアレンジでありちゃんがベースを弾いて。この日だけのカルテット。素晴らしい演奏をありがとう!曲は「Blue」「夢のないライオン」の2曲だった。

※ご満悦カルテット。

二日目

ゲストはキョートンとファンファン。演奏者も夢中になる可愛さ。おもろかったなあ。参加曲は「アイ・ラブ・ユーでユー・ラブ・ミーでアイ・ラブ・ミー」「寂しいです」「Some might say」。

※コーラスの手伝いをしながらダンサーとして活躍!おもろいわー。

最終日

ゲストはエレキギターで浅野浩太。ええ感んじでロックバンドになったなあ。エレキ2本ならではの演奏も。参加曲は「寂しいです」「尻尾と前髪」「トンネルの向こう側」「はればれ」「Some might say」。

※ええ感じの弦の多さ。エレキ2本でハモったりするよね。

課題もいい部分も明確に。10月に向けて本当にたくさんの財産をもらった3日間だった。最終日は台風も追いかけてきたけど、なんとか無事に(笑)。ハラハラさせるぜ。

さあ、10月に向かってまた前進。頑張ります!!本当に10月20日円山に遊びに来て欲しい!最高の音楽と空間を作れる気がしています!!

プレライブ!お越し頂いた皆様本当にありがとう。気にかけてくださっていたみなさんもありがとう!そして、モダンタイムス、磯井ちゃん、支えてもらってありがとう!
ありちゃん、のもちゃん、日置くん、恩田くん。最高の演奏をありがとう!
引き続きみなさまよろしくお願いします!!

演奏曲

1部
No rain no rainbow、穏やかな日々、ハンカチは振らない、How have you been?、未来のうた、アイ・ラブ・ユーでユー・ラブ・ミーでアイ・ラブ・ミー、
(1日目)Blue、夢のないライオン
(2、3日目)Moonlight Club

2部
寂しいです、尻尾と前髪、足りないこの背中も、彼方に想像と予感、流星、夜を綾なす桜の花びら、トンネルの向こう側、はればれ

アンコール
Montage sequence、Some might say